アウトドアでシンプルコーヒー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

野立てコーヒー

早朝いつものトレーニングに出かけるものの、雨が降り出してきたとりあえず行ってみて、路面が乾いていたら自転車を出そうと考え向かうが時すでに遅し、

今日はウエス積んでないし、車体濡らすと仕舞うのが面倒なので、ウオーキングに変更したが、雨なので早めに切り上げる、こんな天気の時は、無理をしないことにするのが一番

7時にBIGに買い物に行く予定だが、まだ時間があるので、久しぶりに外コーヒーキットを使う。

(UCCHPより)

このタイプだと1杯およそ40円でPBブランドの缶コーヒより安い。自分のスタイルは、クッカーでお湯沸かしてカップ付きのインスタントコーヒーに注ぐ、アツアツのお湯を注いでお外のコーヒはインスタントでもなかなか旨い。

これだとクッカーはお湯だけなので、1杯分ぐらいなら2分ぐらいで沸くし、使った後洗う必要が無い、水気を飛ばしてすぐ収納出来る、使ったコーヒーの袋やカップは、買い物の時、可燃のごみ箱へ。

缶コーヒじゃ(お風呂?)にしちゃうと水多く使うし、時間がかかりすぎる、クッカー直に注ぐと熱くて飲めないし最後洗わないといけない。

ドリップ式は旨いけど、カスの始末が面倒、一回で捨てるのも勿体無い気がして、かと言って、外で使ったのを家で再度使うのもなんだかなーと思ってしまって。これって貧乏性^^;

カートリッジに被せているのは肘のサポーター、寒い時は下にホッカイロを挟むと炎が安定する(掟破りの使い方)

今のクッカーは中にバーナー本体が入らないのでベルクロでフタに止めてスタッキングしている

最後まで購入を迷った2つのクッカー、これだと中にバーナーも収納できてスッキリ。

個人的にはフタの浅いパンは不要なのでユニフレームの方が好み。でも、湯沸かしだけなら深過ぎなので、実際使うならスノーピークだろう。

コメント