スプロケット交換レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スプロケット交換試走

前回記事で、リヤスプロケットとタイヤ交換をしたので試走に行って来ました。

コースは長野県松本平広域公園 信州スカイパーク

松本空港を一周する、約10kmの遊歩道の周回コース

終了後、買い物に寄ったりするので車載で行きます。信号待ちや、車の心配が無く走れるのが最高。

日中はランニングや散歩、また、サッカーや陸上競技の試合がある時は混雑しているので早朝か夕方がおすすめタイム。

スプロケット交換レビュー

まず、タイヤのCST(チェンシンタイヤ)C-1653、ローテーションでフロントに装着、セミスリックで走行音は大きい。

空気圧は高めでも、ゴムの柔らかさが感じられる、路面グリップの不安は無い、タイヤの真円度も出ていて変な凹凸は無い。普通に走るには全然OKですね。

リヤスプロケットはDNP唯一、フリー11T仕様だったが、減りの速さに幻滅して、低速仕様にデチューンした少数派?に

トップが11Tから14Tに下がったので、平地の無風追い風では物足りない感じ。トップスピードが5kmほど落ちました。

最高速は落ちましたが、歯ずれも無くなりシフトフィーリングは快適になりました。

コメント