トヨタの人気No1SUV C-HR

配達車のオイル交換でトヨタのディーラーへ、アクの強いデザインで気になっていたCH-Rを眺めてきた。試乗はしてないのであくまでも見た目の印象を綴ってみたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずボデイサイズは

  • 全長:4,360mm
  • 全幅:1,795mm
  • 全高:1,555~1,565mm

長さはカローラより少し短いが、幅はクラウンと同じ位でそんなに大きくない。取り回しに苦労する事はなさそう。

参考、プリウスのサイズ

  • 全長:4,540mm
  • 全幅:1,760mm
  • 全高:1,470mm

エンジン

ハイブリッド/2WD 1800㏄自然吸気98PS重量1440㎏
ガソリン/4WD 1200ccターボ116㎰重量1470kg

燃費データjc08モード、ハイブリット30.2Kml、ガソリン15.4Kml

実際の通勤時間帯の走行でハイブリットが20Kml、ガソリンが10Kml位ではと思う。ハイブリットとガソリンの価格差が約27万、今のガソリン価格だとだいたい5~6万㎞走る人なら元が取れる。またガソリン車はエコカー減税対象外。やはりハイブリットがメリットが大きい。

グレードと狙い目モデル

  • G(ハイブリッド/2WD)2,905,200円〜
  • G-T(ガソリン車/4WD)2,775,600円〜
  • S(ハイブリッド/2WD)2,646,000円〜
  • S-T(ガソリン車/4WD)2,516,400円〜

この手の車に乗る人は、恐らくみんなオプションのBi-Beam LEDヘッドランプを追加すると思うが、そのBi-Beam LEDヘッドランプが標準装備の特別仕様車「“LED Edition”」が全グレードに出た。

ちなみにメーカーオプション(G、G-Tのみ)のBi-Beam LEDヘッドランプが15万1200円

G LED Edition 2,929,200円で標準車の約2万円高なので超買い得

本命は「“LED Edition”」のGかな。

もしE-Fourモデルが発売されれば、地上高も有るし突破力が高そうで俄然購入候補になるでしょう。

まとめ

迫力ボデイながらコンパクトサイズ、内装は黒でこの価格帯なりというところかな。惜しいのはリヤシート、トランクの窮屈さと後方視界の悪さかな、

うちは色々積むので買えないな~

コメント