チャリ沼へGO乙女ギヤ計画

普段行っているスカイパークや拾ヶ堰(じっかせぎ)のサイクリングロードならいまのままで充分なんだけど、先日の光城山と高ボッチクライムで、もっと軽いギヤが欲しいとなりまして、どこに行くにも坂が多い地域なのでこの際にと。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

乙女より女王

我が家のVITUS ZENIUMはShimano Tiagraの4700のセミコンパクト、11-28、GSRDのまぁエントリーモデルの標準仕様。あまり弄るつもりはなくて、現在ホイールとか完全ノーマル、カセットとかは消耗品なので減れば交換しようかなという感じでしたが。

今回10Sカセットに CS-HG500 10S には11-32Tの(乙女ギヤ)のさらに上を行く11-34Tの(姫様ギヤ)が存在し、その上セミコンクランクのインナーの36Tをコンパクトクランクの34Tに変えて女王さまギヤ(笑)にしてしまおうと計画しパーツを調べてみた。近々10万国から貰えるので(他に予定があるので少しだけね^^)

何軒かショップに問い合わせてみたが、どこにも持っている所が無くて取り寄せになるとの事。アルテグラのパーツなら有るようだ。

やはり、カセットは良しとして、クランクのインナー変更は、シマノで推奨の歯数差というのがあってこれが16、セミコンのアウターは52インナー36で16に収まるけど、インナー34すると18に超えるのでショップでは受け付けてくれないかもしれない。取付自体はFDの下端より歯が上に出るので不可能では無いはずだが、自己責任という事で。

海外通販でシマノのパーツが取り扱い中止になってしまったようだし激安だっただけに残念。

いつものように(汗”

アマゾンで買って自分で交換するか。

お姫様ギヤ汗”) 女王様インナー汗”) ここで気を付けないとアルテグラのインナーやチエーンにしてしまうとTiagraの4700はチエーンがMTB規格のHG-X仕様なので不具合出まくりになるかもしれない。

Amazonはよく値段変わるけど3つで大体8500円ぐらいだった、来週届くかな。

コメント