洗濯機スペースの蛍光灯をLEDに交換してみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

小さい蛍光灯は劣化が速い!?

トイレ脇の洗濯機スペースの照明は10ワットの直管蛍光灯、交換してまだ1年ぐらいだけど、端が黒ずんできた、グロー管も劣化して点くまで5秒ぐらいかかり、蛍光灯も点滅するようになったので交換することにした。

コメリで直管蛍光灯置き換えLEDを見つけた

偶然立ち寄ったコメリ、スーパーマーケットと駐車場共有の大きな店で、コメリの自社ブランドLEDで10、15、20、40、サークル菅の30、32、があって通常の物ならほぼ全て置き換えることが可能。

目当ての10ワット相当の直管蛍光灯の値段は約1000円、蛍光灯はこのサイズは安い自社ブランドは見当たらない、メーカー品で約600円今回グロー管も予備が無かったのでグロー管が2個入りで180円

このくらいこ価格差ならと直管LEDを購入することにした。

取付は簡単

取付工事不要、今までの蛍光灯を取り外しLEDの発光する部分を下にして取り付けるだけ、グロー管は取り外して埃除けのシールが添付されているので外したソケット穴に貼り付ける。

早速点灯してみる、スイッチを入れるグロー菅だと若干のタイムラグがあったが本当に瞬時に点く。そして明るい、上のサイズの20ワットの蛍光灯と同じぐらいの明るさが有りそう。あとは定格寿命まで持ってくれればばんバンザイ

まとめ

今回本当は本体ごと交換したかったけど、小さいサイズは案外高いし、配線直付けで面倒だったので菅の交換ですませた。

蛍光菅の廃棄がけっこう厄介なので、LEDの公称寿命が40000時間となっており、公称通りなら10年は持ちそうなので本体がイカれなければ、これで交換することもないだろう。

台所とか和室の吊り下げも、買い置きの蛍光灯が寿命になったら徐々にLEDに交換するつもり。

コメント