ブレーキシューそろそろ限界

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブレーキシュー交換することにした

ブレーキレバーのアジャスターがそろそろいっぱいになってきたのでリードホルダーを外して開いてみた。

前回交換の時は、上からパッと見たらまだまだ余裕に見えたが使える部分が思いの他少なくて金属のベースが出てしまい、リムを削ってしまった苦い記憶が...。

交換したのはアリゲーターのブレーキシュー約1年およそ3000キロ持った。

フロントブレーキ

 


もう溝が消えて交換時期、ほぼ均一に減ってはいるけど、若干左が強いようです。

リヤブレーキ

 


こちらは左右かなりばらつき有り、右側はほとんど減っていないが、左は溝が無くなるほど減っている、あれれ、スプロケット交換の時にホイールのセンターとシューの動きのバランス合わせたけど。

アジャスターがゆるい感触で振動でずれたかも、思い切って本体ごと交換しようかな。調べて見ると、シマノALIVIO BR-T4000が1000円チョイで買えるのでなシューの代金に少し足せば本体ごと買えるので、下手なシュー買うより良いかなと中々のコストパフォーマンス。

シマノDEORE BR-T610 BR-T4000の倍ぐらいするけど中々評判が良い高い分部品精度が向上しているのであろう。

さてどうしようか。

Vブレーキ片効きの調整方法おさらい

  • 動いていない方の調整ボルトをしめる
  • 動いている方の調整ボルトをゆるめる

 

コメント