日没後の撤収にヘッドライトを購入してみた。

車に乗せてある自転車の日の出前のセッティングや日没の撤収にリヤゲートのダンパーに取付ていたライト

明るくて良いけど、ダンパーに取付てあるので位置によっては影になるし、あまり照射位置の調整が効かないのでもう少し、手元が明るければと、ライトはいっぱい持っているけど両手が自由になるヘッドライトを購入することにした。

 GENTOS AUVA VA-01D

候補は本体収納単三一本か単四バッテリー仕様、テスト電池を使い切ったらエネループに変える、明るさはそこそこでOKで値段は低い方がいいかな(笑)ホームセンターに行ったら、GENTOSのVA-01Dがセールになっていたので購入した。基本的な防水防塵耐衝撃はクリア、特徴はオーバルビームと呼ばれる楕円に照射される配光と暖色サブLED

使ってみたレビュー

オーバルビームは横に光が広がり周囲の状況を把握しやすい、光の強さも夜のカーゴスペース探し物をする状況では必要で十分、暖色サブLEDはあまり使用しないが釣りで糸を結ぶ時など眩しすぎる時に重宝しそうだ、電池BOXは防水の為しっかり作られていて開けるのに力がいる、BOXのロックとスイッチが近く、防水ゴムで覆われていて押しにくい、角度調整はヒンジの摩擦で保たれている新しいうちはかってに角度が変わる事は無いが経年劣化でヒンジがヘタッてくればお辞儀してしまうかもしれない、上下動するランニングなんかは影響が出るかもしれないが軽いので心配いらないと思われるが、トレイルランニングには役不足だと思う、ゴムバンドの劣化の方が早いだろう。

次期モデルが発売になり在庫限りで販売終了でセールになったらしい、次期モデルはHighモードが230ルーメン、現行は10秒カウントのBoostモードで200ルーメンHighモードは100ルーメン点灯時間は次期モデルHighモード10時間、現行モデル8時間で大幅なパワーアップ。

コメント