扇風機の羽根が破損した

スポンサーリンク
スポンサーリンク

扇風機更新することにした

扇風機の回転軸に固定のピンがあるけど、その部分が割れてしまって羽根がカバーに当たり軸が空回りしている、経年劣化も有ると思うが以前に倒してブレードが割れたので接着材で貼ったので重心が偏ったのが原因かな。

あと2台あるけど、使う時はいっしょなので足りないかな思い、イオンの感謝デー割引で購入する事にした、エアコンにとも思ったが、買っても取付工事がお盆明けのようだ。

オーソドックスな、押しボタンにダイヤルタイマー式の物は2千円以下で山積みになっていたが、ちょっと物足りない、後は5千円以上の物は在庫豊富だったが2~5千円クラスは残り少なく、展示品限りのセール品が3400円で出ていたのでこれにした。

ヤマゼンのALR-AG303カタログに無いのでスーパーマーケットの家電売り場やホームセンター向けのモデル?箱が無いとの事で1割引き、さらに感謝デーの5パーセント割引でお買い得でした。

羽根が破損した扇風機はモリタのマイナスイオン発生機付きモデル、マイナスイオンの効果は不明、弱風がもう少し弱くて、リズム風の強風に変化する時モーターのうなりが少し大きいのか気になるところ。

新しく買ったヤマゼンの扇風機は特徴は無いが、リズム風の強風に変化する時モーターのうなりも小さく気にならないレベル

モリタのは買ってもう6年ぐらいたつかな、古い扇風機はモーターの発火の危険性が有るようだがもう少し頑張って貰おうと羽根を交換する事にした、

ググってみると羽根ってけっこう高い。あちこち探してビックカメラの通販サイトでヤマゼンの羽根が安かったのでメーカーが違うが細工すれば付くかもしれないと一か八か注文してみた。

届いた羽根は破損した物と見た目一緒で細工せず取付できた、これでまだまだ活躍してもらおう。

 

コメント