Amazonでタイヤ買って、自分で組み替え取付けてみたよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

タイヤの変え時が来ました

ワゴンRのサマータイヤ、トレッド溝はまだまだ余裕だけれど、サイドのひび割れが広がって来たので、もうこのくらいにして、交換することにした。

サイズは155/65R13 価格comで相場を調べると、ブリヂストンのNEXTRYが随分と安い、1本で送料別途なら1,600円、送料込みなら2,460円から

タイヤの性能は平凡的な物の様である、特徴はトレッド接地面をスクエア形状にしてショルダーブロックの変摩耗を抑える設計を施してあるみたい。

Amazonで調べるとプライム1本2,553円、4本で10,212円、たまたま在庫切れで納期が1週間後、交換予定日に間に合うか微妙、マーケットプレイスは2,900円からになるので候補から外す。

4本セットで検索すると、プライムには設定が無く、マーケットプレイスで、10,800円で1本2,700円と少し高いが在庫が有り、すぐ届きそうなので長野でも送料がかからない所にオーダー。

ついでにエアーバルブも交換する事に、画面上在庫有るがカートに入れると納期未定となっていたので、キャンセルして楽天でオーダーと思ったが到着が遅れそうなので、モノタロウでオーダーやはり、モノタロウの方が安いけど、3,000円買わないと送料が500円掛かるので、ついでの出費が掛かってしまう、ま、いずれ使うので良いんだけどね。

送り状貼る所だけラップ巻いてppバンドで縛った状態で到着

では交換を始めるよ。

今日は交換予定が無い様なので、馴染みのお店の道具を借りて自分でゆっくりと作業しました。もちろん飛び込みのパンク修理とか入ったら機械空けるけどね。まずエアーを抜いて、ビードを落としてチエンジャーにセット。


リムから外す画像は無いけど、タイヤレバーで上側のビードをリムの外に出して、ぐにゅーと回転させて、外したらタイヤを持ち上げて、下側も同じく外に出して回転させて外す。

昨日今日は夏のような陽気で日中30℃でもう汗だく。

外したらエアーバルブも、再利用する事も無いのでリム側の出っ張りをカッターで切り落として取り除く。

タイヤショップなら短時間で数をこなす必要が有るのでこれで軽くごみを落としてバルブ入れて組み込む所だと思うが、自前組込みなので、時間を気にする事無く、ワイヤブラシや洗浄スプレーでリムのゴムカスを丁寧に取り除いてからね。

まずはエアーバルブから、潤滑スプレーを吹き付け、口金にインサートツールを付けててこの原理で引っ張っぱるとにゅるっと入る。ビード入れるのもサイドが柔らかいので非常に簡単。

ホイールバランス

回転指定も内外指定も無い、タイヤサイドが柔らかく扁平率も低いので組み込みは容易である、一応軽点マークとバルブを合わせて組みました。

ホイールバランス元々付いていたさほど変わらず、回転させて成型ラインのブレも安いタイヤの割にはしっかりしていた。

取り付けて走ってみた感想

基本性能は平凡的なものだと思われる、スクエア形状の接地形状でショルダー部分の変摩耗を抑える仕様になっているよう、ショルダー部分のゴムも硬いと思われるがそれほど感じられない、むしろサイドが柔らかかったのでエアー圧2.2k指定のところ2.6Kにしてみた、それでもギャップを超える時に柔らかいと思った、もっともゴムも柔らかいしブロック高さもあるので当然かな。音も静かで普通に走っている分にはまったく問題は無いと言える。

雨には会ってないので不明だが、恐らく問題ないと思う。

今回の費用

タイヤ費用が11,000円、お店に廃タイヤ処分料と、ウエイト代で1本500円、で4本で2,000円、計13,000円と格安で交換出来ました。

正直タイヤのフジあたりで35,000円で見ていたので、浮いたお金はスタットレスに回すとしよう。

コメント